名前入力にイラつくシミュレーションゲームってヤバない?/「バーガーバーガー」

バーガーバーガー ベスト

バーガーバーガー ベスト

 

 もちろん、飲食店経営ゲームとしてまあまあしっかりしていることは認めます。メニュー作りは楽しいし、どこに店を置くかとかどんなノウハウに投資するとか色々考えるのもシミュレーションゲームの醍醐味だ。

が、ゲームの中身自体が楽しいのに、UIがそれを邪魔することがけっこう多い。個人的に一番きつかったのが、名前入力(!)。いや名前入力でストレスの貯まるゲームってどんなゲームだよ、と思うかもしれないんだけど、本当にややこしくてイライラするのだ。とにかく一般的な名前入力画面の構成をガン無視した設計をしていて、たとえば×ボタンは「1文字消す」ではなく「前の画面に戻る」で、じゃあ「1文字消す」□ボタンを押せば1文字消えるのかというとそうではなく、L1ボタンで1文字前の文字を指定しないと最後の文字は消えなく……みたいな感じで、言葉に表現しづらいんだけどとにかく操作に慣れない。しかもこの操作を、メニューの作成で何回もするわけだから、とてつもなくイライラするというのは自明でしょう。

 

ということでそーとーストレスが貯まること間違いなし。でも、運の要素も結構多いし(食材が手に入るのはランダム)、半年に1回のペースぐらいで再プレイしたくなるタイプのゲームかも。

主催者が積極的に介入するデスゲームってどうなの/「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」

 まずは良い点から。特に驚いたのは、ペーパークラフトとアニメ絵のあいのこみたいな、公式曰く「2.5D」のマップ。絶妙にアニメ感を保ちつつ、見るに耐えうる3Dマップを作ったというのにびっくりした。

また、要の推理も悪くはない。ミステリー読みにとっては定番といえるトリックも多く、話の大筋については捜査の時点で概ね予想がつくものの、細部を詰める楽しさは健在。

 

でも不満な点も多い。ラノベちっくな世界設定およびキャラ設定が受け入れられなかったのは、歳をとってしまったぼくが悪いとしても、だ。

システム面で不満なのは、裁判パートのアクション(STG?)要素があまり面白くない点。「逆転裁判」的なシステムを踏襲しつつ、そこから1歩進化したものを作りたかった、というのはわかるんだけど、それでも擁護できません。特に、事件の真相をマンガのコマにして完成させる「クライマックス推理」は、どの絵が何を表しているのかわかりづらくとてもストレスフル。

さらに、そんなことよりもストーリー面で気になるのは、主催者が積極的にデスゲームに介入している点。デスゲームの美徳っていうのは、ある程度限定された状況下で、参加者の理性的(あるいは非理性的)思考が死を導いてしまう、というところだと、ぼくは思っていた。だってそうじゃないと、「人間の本性としての悪」みたいなものを表現できないはず。ところがこのゲームでは、主催者がガンガン殺人を唆す。えーそれでいいの? だってそれって、「権力を持っている人が強い」ってことを表しているだけじゃん。

 

ということで、推理ゲームとしては悪くないんだけどいろいろ不満。まあカップリング版でプレイしたので、2も一応やってみますが……。

続きを読む

みんな結構いい回線使ってるのねー/「スプラトウーン2」

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

 

 前作をプレイしたことはなかったんだけど、実況動画などで見ていてすごく面白そうだったので、わざわざニンテンドースイッチまで買って、こちらも購入しました。で、やろうと思ったんだけど……。

なんと、我が家の回線がショボすぎてオンライン対戦ができない!!! で、1人プレイできるヒーローモードをとりあえずプレイしてみたんだけど、これが全然面白くない。というわけで残念なことに、我が家のニンテンドースイッチはでかい箱と化したのであった……。

 

というのが1ヶ月前のお話。その後、我が家のネット回線自体が絶不調になってしまったので、臨時でポケットWi-Fiを借りたのだけど、そうしたらオンライン対戦ができるように!

で、そうなってから、暇な時間はずっと「スプラトゥーン2」漬けの毎日。いやーだって楽しいもん。休みの日は平気で10時間とかやってしまう。そりゃあブログの更新も滞りますよ。

 

ところで、このゲームは子供人気もすごいのだけど、それにもかかわらず、ぼくみたいに家のネット回線が貧弱すぎてオンライン対戦ができない、という話はそこまで聞かないように思う。でも、子供が自分の家のネット回線の契約をどうこうできるはずもないので、多分世の中の多くの家のネット回線は、「スプラトゥーン2」のオンライン対戦をできる程度にはまともな回線なのだろう。

ぼく的には、これがかなり意外に思えた。いやーみんな結構いい回線使ってるのね(うらやましいわぁ)。

続きを読む

なんで江野くんこんなことやってるの?/白石晃士「殺人ワークショップ」

殺人ワークショップ [DVD]

殺人ワークショップ [DVD]

 

 「コワすぎ!」を一気に見て大変面白かったのでこちらも見てみた。わりとおもしろいね―。題名にもなっている「ワークショップ」があんまり活きておらず、単なる集団殺人計画っぽくなっているのは残念な一方、軽い気持ちで殺人衝動を持った主人公たちがどんどんサイコになっていく過程はなかなかよい。また、クズに定評のある白石晃士は健在で、DV彼氏やバイト仲間をいじめていたチンピラ2人組なんかはすさまじいリアリティ。

ENBUゼミナールという学校の映像俳優コースの学生の作った卒業作品が元になっているらしく、出ている俳優も多くが素人だったため、演技の腕の差にばらつきがあったのは気になる。主人公であるモリアキコ(木内彬子)はわりと、被DV女からのサイコみたいな雰囲気が出ていてよかったのだけど、自称猟奇趣味のユウマ(杉木悠真)とかはダメダメだったのは残念。

 

ところで「オカルト」で概念となった江野祥平(宇野祥平)は、なんでこんなことをやってるのかしら? 「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章」では、白石晃士(=田代)を助けるという目的が見え隠れしていたから、江野くんが出たのもそれなりに納得できるのだけど、こちらはあまり納得できず。冒頭およびラストで江野くんが渋谷のスクランブル交差点を歩いているシーンを見る限り、確実に「オカルト」と関連はあるはずなのだけれど……結局よくわからん。

面白かったマンガ(2017/8)

8月に読んで面白かったマンガのまとめ。

 

続きを読む

面白かった本(2017/8)

8月に読んで面白かった本のまとめ。

 

続きを読む

社会勉強は楽しくやらなきゃ/スパーロック「スーパーサイズ・ミー」

スーパーサイズ・ミー [DVD]

スーパーサイズ・ミー [DVD]

 

 超有名なアメリカのドキュメンタリー、なんだけど、今更初めて見ました。アメリカのファーストフードの悪影響という視点から健康問題を指摘するだけではなく、新自由主義や貧困問題など、アメリカ社会自体に対する批判も成立させているのは立派。ただ、検証としては不十分な点も多いのは残念。また、この映画が撮影された2004年からは結構時間が経っており、この中で言われている「科学的な栄養学」も更新されていることにも注意が必要(肉一般や油一般の健康に対する悪影響は昔言われていたほど大きくない、とか)。

が、この映画の魅力はそんなところにはない。この映画のすばらしいところは、最初から最後まで、膨大な量のブラックジョークを盛り込んでいることだ。そのため、普通であればくらーくなりがちなドキュメンタリー映画というジャンルの中で、例外的に笑いながら見ることができる映画になっていると思う。別に社会勉強なんて、真面目な顔してやる必要は必ずしもなくて、楽しくできるのなら楽しくやるに越したことはないのだ。