ここ20年ぐらいのオタクコンテンツの結晶/伴名練『なめらかな世界と、その敵』

なめらかな世界と、その敵

なめらかな世界と、その敵

 

 年刊日本SF傑作選によく載ってるなーという印象が強かった伴名練の短編集で、コアな国内SFファン待望の1冊だろう。おそろしいことに収録作6作中4作が傑作選収録で(いくつかはぼくも再読だった)、ちょっと尋常じゃないくらい濃い短編集になっている。ここ20年ぐらいのオタクコンテンツ(SF・ラノベ・アニメなど)の結晶みたいな短編集だった。

全体的な特徴としては、シンプルにエンタメの上手さが光る。非小説的な語り(手紙とか)を駆使したりして、丁度いいタイミングで真相を読者に提示するのが非常に巧み。またベタなエモ表現も洗練されており、よくよく考えるとベタではあるのに、あまりベタさを感じずに清々しく読める。あと、SF的な説明はかなり簡略化されており(「ホーリーアイアンメイデン」とかこれほんとにSFって言っていいのか)、SF設定を理解するのに脳のリソースを割く必要がなく、SF慣れしてなくても比較的読みやすいと思う。
続きを読む

何から何までディテールがすごい/「Horizon Zero Dawn」

 おもしろかったー。とにかく何から何までディテールがすごいゲームで、それはもちろんマップの細かさとか機械獣の生態系とかもそうなんだけど、何より感心したのは過去の話について。普通の創作物だったら外伝小説とかで説明しちゃいそうな部分をまるごとメインストーリーに取り込んでいてびっくりした。そのおかげで、ストーリーの発想自体のありきたりさをしっかりカバーできていると思う。

黒沢清がミョーにはっちゃけた/黒沢清「散歩する侵略者」

散歩する侵略者

散歩する侵略者

 

 半分くらいはいつもの黒沢清って感じなんだけど、残り半分は妙にはっちゃけてるのよね。笑っちゃったのが長谷川博己と戦闘機の対決シーンで、いやあんた普段こんなん撮らないやんとニヤニヤしてしまった。まあ全体的に若干コメディチックでもあり、ちょっとめずらしい黒沢清が見れた気がする。

 

続きを読む

立派なメアリースーになっちゃって/「PSYCHO-PASS 2」

#1 正義の天秤<299/300>

#1 正義の天秤<299/300>

 

 まあなんというか、常守朱が立派なメアリースーになっちゃったという感じ。まあ超人っぷり自体は1期の狡噛と大差ないんですが、狡噛がけっこう味方と対立することも多かったのに対して、2期の常守はだいたい味方にマンセーされてたという印象で、あまり印象が良くない。その引き立て役を一手に引き受けざるを得なかった霜月はちょっとかわいそうな感じ(でも好きじゃない)。

今期の黒幕の鹿矛囲もあまりよくわかんなかった。終盤にかけての「集団的サイコパス」みたいな話はそこそこおもしろかったんだけど、鹿矛囲が仕掛けた事件の半分くらいは集団的サイコパスと関係なくない??? あとなんで鹿矛囲はシビュラシステムが人間の集合だってわかってたんだろ。いろいろとよくわかんない。

横田紋奈、宇賀神みずき『いちばんやさしいGit&GitHubの教本』読書メモ

横田紋奈、宇賀神みずき『いちばんやさしいGit&GitHubの教本』の読書メモ

続きを読む