読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつのまにか百合ちゃんの話に!!!/海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ(9)』

マンガ

 

 ぼくが『逃げ恥』の1巻~8巻を読んでこのマンガの虜になったのが、2016年の10月終わりごろ。それから半年弱のあいだに、ドラマが社会現象レベルのヒットになっちゃってびっくり。ぼくはドラマは見てないんだけれど、まあよかったのではないでしょうか。みくり役が新垣結衣なのは未だにちょっとよくわからないんだけど、こういう作品がドラマになるという事自体が社会的意義を持ってると思うので、ちょっとの不満は我慢できる。

で、そのマンガの最終巻なわけだけれども……平匡さんとみくりにキュンキュンきてたぼくとしては、なーんか見えていた用意されたゴールにしゅるしゅると収まった感じで物足りなさはある。マンガの最終巻って基本的にドラマティックな話があるべきだと思っているんだけど、平匡さんとみくりの場合はややこしい問題がわりと解決気味だったので、残った問題も話し合いで解決されちゃう(当たり前だけど、物わかりの良すぎるカップルってドラマを産まないんだねー。物わかりが良すぎるのも考えものかも)。

そのかわりにドラマの役割を担うのは、百合ちゃんと風見だ(だいたい最終巻なのにみくり表紙じゃないのかよ!!!!!)。まあ面倒くささのぶつかり合いみたいな話なんだけど、こっちのほうがもうちょっと一般的な少女漫画っぽいかも。年上好きのぼくとしてはたいへん楽しませてもらいました。

平匡さんとみくりの話から百合ちゃんと風見の話への移行をもっと明確に区切ったほうが、整理がつきやすかったのかなー。8巻にあった風見百合ちゃん回を9巻に持ってきて、みくりの就活とか最終話とかを8巻におさめて、9巻は番外編みたいに扱う、みたいな(『となりの怪物くん』でもそんな感じだったよね)。そこらへんがごっちゃになっているのが、わずかな消化不良感の原因なのかも。

 

なんにせよ、とてもおもしろかったです。完結おめでとうございます。

続きを読む

木村資生と愛国教育(?)

雑文 自然科学

 

生物進化を考える (岩波新書)

生物進化を考える (岩波新書)

 

 「進化論の通俗的理解」みたいなものに対する興味から、本屋で高校生物の参考書の進化論についての項目を見てみたらびっくり。高校生物って、木村資生の中立進化説扱うのねー。

いやもちろん、木村資生の中立進化説は重大な概念であることは間違いない。中立進化説は、遺伝子の変化による有利不利とその結果としての淘汰の影響が結構小さいのではないか? みたいな議論で、太田朋子の「ほぼ中立説」に発展して現在は進化論の定説の一部となっている。ジョン・メイナード=スミスの啓蒙書『生物学のすすめ』(ちくま学芸文庫)でも木村についてちょっと触れてて、「なんでみんなキムラのこと知らないのー?」みたいなことを言っていたはず。だから、確かに木村の中立進化説は世界的にも有名で影響の大きい説ではある。

でも……率直に言って、中立進化説ってパラダイムシフトレベルの影響力はないんだよね。それは、進化論が最終的に中立進化説をうまく取り込めたことからも明らか。

そして高校生物の参考書をざっとみた限りだと、ドーキンスやハミルトンやメイナード=スミスによる、個体単位から遺伝子単位へのパラダイムシフトについての記述はまったくなし。ドーキンスは学問的に有名な研究ってあまりないからまあ仕方がないとしても、ハミルトンの血縁淘汰説やメイナード=スミスのESSは現代進化論を理解するためには避けては通れない概念のはず。でもなぜか、彼らの研究の話は出てこない。

 

うーん、これがいわゆる愛国教育とやらなんですかねえ。こういう風に進化論の重大な説を省いてまで日本人の素晴らしさを称えるのは、いやはや、美しいですねえ。

 

 

余裕ができたらもうちょっとしっかり検証するかも。

続きを読む

面白かった本(2017/2)

面白かった本

2月に読んで面白かった本のまとめ。

※1月はマンガばかり読んでて本を全然読んでなかったので、先月分はなしです。

 

続きを読む

佳作揃いの短編集だが、「Tシャツ」には及ばず/木下古栗『生成不純文学』

書評 小説

 

生成不純文学

生成不純文学

 

 去年発売された短編集『グローバライズ』が、テレビ番組「アメトーーク!」の読書芸人回で光浦靖子によって取り上げられたために、大変多くの読書マニアから叩かれることとなったことで知られる、木下古栗の最新刊。とはいっても収録作はひとつを除いて単行本未収録作品を集めたもの。傑作中の傑作である「Tシャツ」には遠く及ばないけど、まあ全体的に『グローバライズ』よりも出来は上なのでおすすめできます。

続きを読む

日常系ミステリーの完成形/石黒正数『それでも町は廻っている(1~16)』

マンガ ミステリー SF

 

 これはすごい。話ひとつひとつはそこまで大したこともないんだけど、積み重ねの量が膨大で、しかも時系列シャッフルをこれでもかというくらい駆使して魅力的なエピソードを作り上げている。キャラクターの可愛さも独特で、絶妙な芋臭さがたまらない。

 三上延の『ビブリア古書堂の事件手帖』というあまりおもしろくない日常系ミステリーが流行ってから、この手の日常系ミステリーはものすごく流行ったイメージがある(これは偏見?)。ただぼくは、ちっちゃなエピソードを積み重ねる日常系ミステリーの手法が、根本的に小説と相性が悪いと思っている(米澤穂信『いまさら翼といわれても』の感想でも書いたように)。ということで、日常系ミステリーはこういうふうに月刊連載とかでやるといいんじゃないんでしょうか。『名探偵コナン』とかもありますし(これは週刊連載だけど)。

続きを読む

あくまでも「ふわふわSFミステリー」/石黒正数『外天楼』

マンガ ミステリー SF

 

外天楼 (講談社コミックス)

外天楼 (講談社コミックス)

 

 悪くないと思う。石黒正数を読むのは初めてだけど、ちょっと間抜けな感じの日常系とちょっと間抜けな感じのSFとちょっと間抜けな感じのミステリーがうまいこと混ざり合って、珍しい雰囲気を醸し出している。あえて例えるなら星新一が近いと思うんだけど、あれよりも萌えポイントが高い感じ。キャラクターもそれにちょうどぴったりな感じでゆるくていい。ついでにラストのエモさはけっこう心に響いた。

でも、あくまでも「ふわふわSFミステリー」なんだよね。他の人の感想を見る限り、このマンガは「連作短編のようで実は最終的につながる!」っていうところが褒められているように思われるけど、こーゆーのは「つながる」とは言いません。石黒もそれはわかってるはず。伏線と呼べないようなものを読者が勝手に伏線と呼んで祭り上げているだけ。ぼくはそういうのはかなり不健全だと思う。

自然主義文学とSFが交差するとき物語は始まらない/前田司郎『恋愛の解体と北区の滅亡』

書評 小説 SF

 

恋愛の解体と北区の滅亡

恋愛の解体と北区の滅亡

 

 これは本当にすごい!!! なんで今まで前田司郎読んでなかったんだ。

SF的なモチーフっていうのはたぶん、ある種のスタイリッシュさを前提にしている(あるいはエンタメ全般?)。でも、ぼくたちの住む現実世界はそんなにかっこいいものではない。そこが、フィクションと現実との境界線なんだと思う。前田のこの短編2作は、そんな境界線をあっさりと消してしまう。そのことによって、唯一無二といってもいい地位を確保していると思う。

続きを読む