純文学版湊かなえ?/今村夏子『あひる』

あひる

あひる

 

 どの短編も、短くまとまっており、それでいてなかなか破壊力がある。こういう作家は純文学系にはたくさんいそう(村田沙耶香とか藤野可織とか)に見えて、ここまで黒い話を全面に押し出すタイプの作家は意外と少ない。なので、わりと新鮮な気持ちでとても楽しめた。

 

……んだけど、ちょっと気になったのは、この小説の評価がアマゾンで思ったよりも低いこと。いやもちろん、アマゾンの評価がどれだけ低かろうが高かろうがぼくの小説に対する評価は変わらないのだけど、その一方で、自分が好きだと思った小説になぜ低評価がついているのか、ということは気になる。

で、思ったんだけど、もしかしてこの作家、イヤミス的な読まれ方をしてる? たしかにこの小説は、イヤーなモチーフの典型例をわりと普通に持ち出す(表題作における新興宗教とか、「おばあちゃんの家」における老人虐待とか)。そこら辺がイヤミスと似たような読まれ方をしているのであれば、低評価も納得(湊かなえの小説もアマゾンの評価は低い印象がある)。さらにいえば、普段イヤミスを読んでる読者層は、純文学のあまりに起伏のないストーリー展開に物足りなさを感じるのでは。そう考えると、なんかいろいろと腑に落ちた感じがした。

 

続きを読む

ゲーム自体は良作でも、商品としては……/「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」

ポケットモンスター ウルトラムーン

ポケットモンスター ウルトラムーン

 

 このゲームは、ゲーム自体としては十分良作の範疇に入るだろう。リメイク元の「サン・ムーン」をそれなりに快適にするようなリメイクなのだから、それは当然だ。

が、それと「商品としての良さ」は別。以前なら1つのソフトとしてやっていた完全版をわざわざ2バージョン出し、追加要素もそんなに多いわけではなく、廃人に2バージョン買わせるという目的が見え見え。

さらにいうと、「サン・ムーン」から1年経たないでの発売ということで、実質的には再プレイ感を味わうことが多かったんだけど、それによって見えてくる粗がけっこうあったように感じた。とくにムービーシーンの多さは、初回プレイではわりと気にならないと思うが、2周目以降はけっこうストレスになるだろう(これは「ウルトラサン・ウルトラムーン」の問題点というよりは、「サン・ムーン」と共通の問題だが)。

総じて、ゲーム自体は良作だと思うんだけども、商品として売り方・売るタイミングなどをことごとく間違ったゲームといえるだろう。もうちょいどうにかならなかったのか……。

 

続きを読む

面白かったマンガ(2017/11)

11月に読んで面白かったマンガのまとめ。

 

続きを読む

面白かった本(2017/11)

11月に読んで面白かった本のまとめ。

 

続きを読む

ロックマンエグゼからの突然変異/「流星のロックマン」

流星のロックマン ペガサス(特典無し)

流星のロックマン ペガサス(特典無し)

 

 エグゼシリーズだけいくつかやっていて、流星シリーズは食わず嫌いしていたんだけど、やってみたらこれがけっこう違和感ない。

まず、エグゼシリーズから大幅に変更された戦闘システムだけど、これが面白くてびっくり。客観視点から主観(っぽい)視点への変更もすぐ慣れる。また、エグゼとは違ってガードが基本動作としてあるので、最初はガード使えばいいだけのヌルゲーになっているんじゃないかと思っていた。しかし、やってみるとなかなかタイミングよくガードができなくて、そこそこバランスは取れているんだなと感じた。対人戦をやろうとすると、また変わってくるのかもしれないけど……。

また、使うカード(エグゼでいうところのチップ)は、エグゼのようなチップコードがなくなった。これによって、エグゼのときのようなカードゲーム的な面白さは減った一方、アクションゲームとしての自由度は上がっているはず。

そしてなによりも、ストーリーの気合いの入れっぷりは素晴らしい。流石に子供向けなのでストーリー展開は容易に先が読めるが、とはいえ十分楽しめるレベルに作り込んではいる。

 

一方エグゼからの明確な改悪点もそこそこある。依頼が一箇所に集約されていなくてわかりづらい、街と結びついている電波世界(エグゼでいうところの電脳世界)がやや狭い、エグゼのナビカスみたいな戦略的なカスタマイズ要素が薄い、クリア後のボリュームが少ないエトセトラ。

また、ハードがGBAからDSに変わったことによる弊害として、無駄に下画面のタッチを使わせるミニゲームが多く、これが面白くない上に操作性が悪い。WiiやDSのゲームでよくあった、リモコンやタッチを無理やり使わせるという失敗は、ここでも繰り返されている。そのくせ文字入力にはタッチを使わせないとかどーなってんねん。

最後に、このゲームが「絆」をテーマのひとつにしたものであり、システムとしても「ブラザーバンド」を全面に押し出しているのにもかかわらず、NPCとのブラザーバンドが全然組めない!!!! NPCだとブラザーバンドの枠が全部埋まらないのは、ローカル通信を活性化させるため、という言い訳ができるけど、ブラザーバンドをNPCと組むペースがやたら遅いのは、ゲームとしては完全に失敗している(ただし、引きこもりの少年が徐々に他人との絆を深めていく、というストーリーがあるからこそ、ブラザーバンドがなかなか組めなくゲーム的には失敗している、という側面は見過ごすべきではない)。

 

……エグゼシリーズの話ばっかりになってしまった。まあ、「エグゼから劣化した」以外の欠点はそんなに多いわけではないので、エグゼ未経験者も楽しめると思う。

そして、流星シリーズをやったことがないにもかかわらず、「エグゼ続編希望」とおっしゃってるエグゼファンの方々には、ぜひおすすめしたい。エグゼからの正統進化とはならず、突然変異的ではあるけれども、いうほど違和感ないから十分楽しめるはず。

 

続きを読む

あらゆる面で「P4G」の完成度の高さを思い知らされるゲーム/「ペルソナ3」

ペルソナ3ポータブル PSP the Best

ペルソナ3ポータブル PSP the Best

 

 「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」にドハマりしたので、その前作もやってみた。その感想は……うーんなんとも。

まず、ストーリーがいまいち。サブストーリーでもあるコミュニティのストーリーは4とそこまで差があるわけでもないんだけど、メインストーリーが物足りない。同じく途中までは物足りないなと思いながらも、終盤のどんでん返しがきれいにキマっていた4と比べてしまうと、残念感は否めないだろう。もちろん4にはなかった暗さが3のストーリーにはあるけど、もうただ暗いだけで喜ぶような時期は過ぎてしまったし……。登場人物たちの人間関係がやたらギスギスしているのも、それをプレイヤーが登場人物をすべて動かせるタイプのゲームでやられてしまうと、いまいち感情移入できない。

ダンジョンもいまいち。4の場合は、日常パートが面白すぎてダンジョン探索をなかなかやらない、という問題点があるにはあったんだけど、3の場合は日常パートが面白いわりにダンジョン探索にかなりの時間を割く必要があって、しかもそのダンジョン探索が飽きやすい!!!!! 例えていうと、「風来のシレン」みたいなローグライクダンジョンゲームを、戦闘だけRPGの形式で、しかも250階分やる、という感じ。よくもまあこんなダンジョン考えたもんだ。

そしてそれ以上に、細かいところでのシステムに不満。ペルソナ(主人公が持ってるモンスターみたいなやつ)が所持しているスキルの並び順を入れ替えられないだとか、スキルカード(ペルソナに新しいスキルを覚えさせる道具)を増やすのにやたら手間がかかるとか、ペルソナを合体させるときに引き継ぐスキルを選択できない、とか。もちろん言いがかりに近い部分もあるのだけど、それでも「P4G」の便利さを考えるとフラストレーションが積もりに積もる。

 

悪いゲームじゃないと思うんだけどなあ……。

 

続きを読む

プラグマティスト(≠ミニマリスト)が手元に残しておく本

プラグマティズム入門 (ちくま新書)

プラグマティズム入門 (ちくま新書)

 

 新品中古問わず、まだまだ紙の本を買うことが多いため、必然的に本棚は膨れ上がる。そうなっても普段は問題ないものの、引っ越しをするとなると膨大な蔵書は厄介な荷物と貸す。

本が大好きで自分の本棚が本で溢れかえっているのを人に見せたくて仕方がないタイプの人間であれば、それでも必死にがんばって全部の本をダンボールに詰めるのだろうが、ぼくはかなりプラグマティズムな人間なので(紙の本を買うことが多いのも、そっちのほうが安い、みたいな実用的な理由がある)、膨大な蔵書は単なる贅肉でしかないと思う。ちょうど来年の春から新生活が始まる(予定)というのもあって、最近ガッツリ本棚を整理した。

 

ところで、巷にはミニマリストが溢れかえっているが、彼らは「本なんて持っててもムダ! むしろ本棚がムダ!」みたいなことを言い出すだろう。お笑い芸人のカズレーザーは、本好きで有名なのにもかかわらず本棚を持っておらず、読み終わった本は適当に部屋に積み上げておいて定期的に売っているそうだ。

もちろんそのような態度が悪いわけではない。ぼくも彼らの姿勢には多少共感するところがある。しかし、本棚を整理していると、「プラグマティスト」と「ミニマリスト」の微妙な違いがなんとなくわかってきた。その微妙なニュアンスの違いを無視して断捨離を押しつけると、ちょっとした摩擦を生むだろう。

ということで、ぼく(プラグマティスト)が本棚を整理するにあたって採用した基準を書き留めておこうと思う。

 

続きを読む