読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いとうくんはうそをつかなくなりました/村瀬修功「虐殺器官」

映画 SF アニメ

f:id:save_as:20170204003018j:plain

いとうくんは、とてもおもしろいはなしをしました。いとうくんがはなしはじめると、いとうくんのまわりにはおおくのひとがあつまりました。いとうくんはとてもにんきものでした。

でも、いとうくんはうそつきでした。いとうくんは、むしをいじめてころすのがだいすきなだけなのに、わるいむしをころしているのだといっていました。いとうくんは、こどものことがきらいなのに、にんげんぜんいんがすきだといっていました。いとうくんは、イギリスのゆうめいなうそつきの、ジェームズというひとのことを、うれしそうにはなしていました。もしかすると、いとうくんのはなしはぜんぶうそなのかもしれません。

でも、さいきんいとうくんはちがうひとのように、うそをつかなくなりました。たぶん、うそをつかないのはえらいことです。でも、ぼくはちょっとさびしくおもいました。なぜなら、うそをついているときのいとうくんはとてもたのしそうだったからです。

続きを読む

ツイッター

その他

ツイッターを登録しました。右のプロフィールからもフォローできます。

twitter.com

 

今のところ更新のお知らせ以外のツイートはしないつもり(今後変わる可能性はある)。購読機能のつもりで、気軽にフォローしてください。

あまりに完成度の高い物語を読むと人々の感想はコピペになってしまうということ/阿部共実『ちーちゃんはちょっと足りない』

マンガ

 

 結構面白かった。そしてそれ以上に、完成度が異様に高かった。極めてよく練られた構成で、あんまり意味のなさそうだった前半4話ぐらいも、読み返すとちゃんと意味があることがわかる。ここまで過不足ない物語はなかなかお目にかかれないと思う。

それはさておき。このマンガの感想をネットでいろいろ漁ってみたのだけど、見てびっくり。みんなほとんど同じことを言っている。おもわずコピペかと思って目を疑った。が、よくよく考えてみればそうなってしまうこともよくわかる。それは、このマンガの物語の完成度が高すぎるからである。

 

続きを読む

ハッピーエンドばかりが幸せじゃない/水城せとな『失恋ショコラティエ(1~9)』

マンガ

 

 久々に少女マンガ読んでどストライクだった!!! 大満足です。

登場人物が全体的に非常に気持ち悪くて、とてもぼく好み。個人的に好きなのは薫子で(ダメなタイプのオタクだ……)、めんどくささゆえの可愛さがいっぱいでとても満足。ついでに、少女漫画でバッドエンド(?)ってあんまり見ない気もするので(ぼくが視野が狭いだけな気もするけど)、かなり新鮮だった。「ショコラティエ」という職業が物語的にはあまり活きていないのはわりと致命的な欠陥だと思うけど、まあ許容範囲かなー。

 ところでこれ、最終巻のAmazonの評価がちょっと低いけど、もしかしてハッピーエンドじゃないからですかあ??? これで無理やり爽太と紗絵子くっつけたら、それこそひでー話になりません? ちょっと前にツイッターで「男は女の価値観に寄り添いたくないから少女漫画を読まない」みたいなツイートが燃え上がってたけど、もし少女漫画というものがこういうエンドを許容できない価値観なのであれば、ぼくはそんな価値観はくだらないと思うなあ(もちろん、少女漫画がそんな偏狭なものでないということなんてぼくはとっくに知っていて、こんなのは一部のハッピーエンドしか認められない人が怒っているだけにすぎないということはわかっているんだけれども)。

続きを読む

図書館と電撃文庫

雑文 ライトノベル

 

要約

図書館の本は基本的に透明なブックカバーが貼られていて、本自体のカバーは取り外せないようになっている。そのことを利用して、カバー裏やカバー下にコンテンツを載せることによって、図書館や電子書籍などで読むのではなく、紙の本を買って読むインセンティブが発生するかもしれない。

 

続きを読む

肩透かし/野崎まど『ファンタジスタドール イヴ』

書評 小説 SF

 

 野崎まどだからと期待してみたはいいものの、盛大に肩透かしを食らったと言わざるを得ない。いつもの野崎まどのようなぶっ飛びっぷりはないし(メディアミックスだからしょうがないのかもしれないけど)、野崎まどファンだからといって読む必要はないと思う。もちろん面白いか面白くないかでいえば面白いの部類に入れられる程度のクオリティは保ってるんだけど、わざわざこのためにアニメ見るのは……。

続きを読む

面白かった本(2016/12)

面白かった本

12月読んで面白かった本のまとめ。

続きを読む