これぞ正統派!(?) 「コワすぎ!」の真骨頂はここから/白石晃士「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03【人喰い河童伝説】」

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説 [DVD] 出版社/メーカー: アルバトロス 発売日: 2013/02/02 メディア: DVD この商品を含むブログ (11件) を見る 「コワすぎ!」シリーズ1作目の「口裂け女捕獲作戦」と2作目の「震える幽霊」は、もちろん…

「震える幽霊」はどこいったの?/白石晃士「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02【震える幽霊】」

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊 [DVD] 出版社/メーカー: アルバトロス 発売日: 2012/08/03 メディア: DVD クリック: 8回 この商品を含むブログ (10件) を見る なんだこれー。最初の30分はあまりおもしろくない。「震える幽霊」っていうのが…

薄味/白石晃士「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01【口裂け女捕獲作戦】」

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦 [DVD] 出版社/メーカー: アルバトロス 発売日: 2012/07/04 メディア: DVD クリック: 21回 この商品を含むブログ (15件) を見る 流石に1作目からめちゃくちゃぶっ飛んでるというわけではないものの、そ…

時をかける名作RPG/「クロノ・トリガー」

アルティメット ヒッツ クロノ・トリガー 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス 発売日: 2006/07/20 メディア: Video Game 購入: 5人 クリック: 39回 この商品を含むブログ (27件) を見る ゲームアーカイブスでやったけど、いやーおもしろい。 ストーリ…

ミニマムすぎて映画だけだとわけわかんなくない?/ソダーバーグ「ソラリス」

ソラリス (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る こんなにミニマムな映画を作れるのか、というところはすごく感心した。動きがほとんどないのはもちろんのこと、登場人物もびっくりするほど少ない。これだけ登場人…

幻想的な不条理ホラーの皮を被った傑作ガール・ミーツ・ガール/矢部嵩『魔女の子供はやってこない』

魔女の子供はやってこない (角川ホラー文庫) 作者: 矢部嵩,小島アジコ 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2013/12/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (11件) を見る 大傑作です。幻想的な不条理ホラーの皮を被りつつ、中身はめちゃめちゃよ…

中二病がこんなに不快だとは/早坂吝『ドローン探偵と世界の終わりの館』

ドローン探偵と世界の終わりの館 作者: 早坂吝 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/07/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ミステリー界の問題児・早坂吝による、ドローンを駆使した長編ミステリー。援交探偵シリーズほどの哲学はないもの…

面白かったマンガ(2017/7)

7月に読んで面白かったマンガのまとめ。

面白かった本(2017/7)

7月に読んで面白かった本のまとめ。

巧みな構成から巨大なしんどさ/是枝裕和「そして父になる」

そして父になる 発売日: 2014/04/23 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る とにかく巧み。よく練られた構成で、至るところに伏線が張り巡らされており、おかげで感心しっぱなし。 しかしこれ、いくらなんでもしんどくないですか? 野々宮(福…

ストーリー微妙・バランスいまいち・システム悪い/「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊」

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊 出版社/メーカー: 任天堂 発売日: 2005/11/17 メディア: Video Game 購入: 1人 クリック: 44回 この商品を含むブログ (178件) を見る 「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊」が小さいときから大好きなので、せっ…

これぞ「新しい歴史」! 資料調査が覆す荻原重秀の実像/村井淳志『勘定奉行荻原重秀の生涯』

勘定奉行荻原重秀の生涯―新井白石が嫉妬した天才経済官僚 (集英社新書) 作者: 村井淳志 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2007/03/01 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 22回 この商品を含むブログ (22件) を見る はい、圧倒的に面白いです。綿密な資料読…

体感性の高い新感覚重力アクションゲーム/「GRAVITY DAZE」

GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the Best - PS Vita 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント 発売日: 2013/04/25 メディア: Video Game この商品を含むブログ (10件) を見る こ…

面白かったマンガ(2017/6)

6月に読んで面白かったマンガのまとめ。

面白かった本(2017/6)

6月に読んで面白かった本のまとめ。

これ『ロリータ』?/谷崎由依『囚われの島』

囚われの島 作者: 谷崎由依 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/06/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 1章を読み進めているときのワクワク感はすさまじい。幻想文学に蚕を中心としたさまざまなイメージを重ねて重層的にし、フェミニ…

SF的な日本で円満に暮らすっていうこと/円城塔、田辺青蛙『読書で離婚を考えた。』

読書で離婚を考えた。 作者: 円城塔,田辺青蛙 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/06/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 小説生成エイリアンこと円城塔とホラー小説家の田辺青蛙の夫婦が、お互いに本を勧め合うというかたちでコミュニケー…

やはりぼくたちに必要なのは実証的・統計的な研究だ/北田暁大ほか『現代ニッポン論壇事情』

現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史 (イースト新書) 作者: 北田暁大,栗原裕一郎,後藤和智 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2017/06/10 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 特にここ最近評判の良くなってきた、松尾匡、ブレイ…

どうしてぼくたちがバカなのかはわかるけど/網谷祐一『理性の起源』

理性の起源: 賢すぎる、愚かすぎる、それが人間だ (河出ブックス 101) 作者: 網谷祐一 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/02/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る 副題詐欺。ぼくたちが一見すると「愚かすぎる…

哲学の最前線の手際の良い紹介/岡本裕一朗『いま世界の哲学者が考えていること』

いま世界の哲学者が考えていること 作者: 岡本裕一朗 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/09/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (11件) を見る 日本ではまだちゃんと紹介されていないポストモダン以降の哲学を簡潔に紹介…

凡作を通じて過去の読書体験を葬るということ/江波光則『鳥葬』

鳥葬 -まだ人間じゃない- (ガガガ文庫) 作者: 江波光則,くまおり純 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/05/17 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (16件) を見る 個人的に、とてもつらい読書体験だった。

「萌えられる異形」を描けるのはえらい/弐瓶勉『シドニアの騎士(1~15)』

シドニアの騎士(1) (アフタヌーンコミックス) 作者: 弐瓶勉 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/04/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 全体的にはいまいち。戦闘シーンがかなりわかりづらく、長々としたセリフをいちいち追いかけなが…

面白かった本(2017/5)

5月に読んで面白かった本のまとめ。

これがサーバルちゃんですか/ムーア、ハワード「ズートピア」

ズートピア (字幕版) 発売日: 2016/08/10 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 自称リベラルの隠れ差別主義者どもも普通の差別主義者といっしょにまとめてくたばっちまえという感じの、かなりしっかりとしたメッセージ性。肉食動物に対する差…

舞城王太郎とネットミームと女子高生成分が混ざった、魔術的なJK空間/大澤めぐみ『おにぎりスタッバー』

おにぎりスタッバー (角川スニーカー文庫) 作者: 大澤めぐみ,U35 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/12/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る ひゃーーーーー。 舞城王太郎にネットミームと女子高生成分を足したような文体。さすがに…

ファンタスティックかつスプラスティックな推理バトル/森川智喜『キャットフード』

キャットフード (講談社文庫) 作者: 森川智喜 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/09/13 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 怪作ってこういう小説のことをいうんだろうな。ファンタスティックかつスプラスティックな、『不思議の国のアリ…

実用性の高い経済政策指南書なので、山本太郎以外も読んでくれれば……/松尾匡『この経済政策が民主主義を救う』

この経済政策が民主主義を救う: 安倍政権に勝てる対案 作者: 松尾匡 出版社/メーカー: 大月書店 発売日: 2016/01/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (14件) を見る 読む前は、この本の内容はともかく、コンセプトについてはあまりいい印象を持ってな…

変分原理を省いた「あなたの人生の物語」に「未来」なんかないんだよ/ヴィルヌーヴ「メッセージ」

結構大胆な原作改変をしているんだけども、その多くは原作「あなたの人生の物語」とは大きく違うとはいえ、決して悪くはない……変分原理についての話を除いては。これを省いちゃったせいで、ちょっとまぬけな映画になってしまっていると思う。 以下ネタバレ多…

たのしいたのしいお笑いエコノミクス/バウマン『この世で一番おもしろいミクロ経済学』

この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講 作者: ヨラム・バウマン,グレディ・クライン,山形浩生 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2011/11/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 20人 クリック: …

コウメ太夫はいつから数珠をつけているのか?

www.youtube.com 2016年11月13日放送の『クイズ☆スター名鑑』で、コウメ太夫が常に数珠を身に着けていることが話題になった。他の芸人に言われて数珠を外したコウメ太夫は、明らかに挙動不審になっている。インチキオカルトグッズを買ってしまったが、この数…

面白かった本(2017/4)

4月に読んで面白かった本のまとめ。

文章表現としての「進化」とかグールドとか/吉川浩満『理不尽な進化』

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ 作者: 吉川浩満 出版社/メーカー: 朝日出版社 発売日: 2014/10/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (65件) を見る すげー。進化論をきっちりと理解した上で、そこから派生した進化論の歴史的・通俗…

ソクラテスやニーチェなんか読まないで唯物論においでよ/戸田山和久『哲学入門』

哲学入門 (ちくま新書) 作者: 戸田山和久 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2014/03/05 メディア: 新書 この商品を含むブログ (41件) を見る 唯物論的な「哲学入門」ってかなり珍しいんじゃないだろうか。かなり難解だけど、ぼくたち一般市民が哲学という…

今まで以上にアイデア一発勝負/早坂吝『双蛇密室』

双蛇密室 (講談社ノベルス) 作者: 早坂吝 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/04/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 早坂吝の援交探偵シリーズ最新作は、過去3作と比べてずっとアイデア勝負。アイデアの面白さはさすがに信頼と安心の早坂とい…

面白かった本(2017/3)

3月に読んで面白かった本のまとめ。

ちょっとコミュニケーションの苦手な一般人が友達とキャッキャウフフする日常系マンガ/谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(11)』

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 11巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE) 作者: 谷川ニコ 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス 発売日: 2017/03/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 1~10巻の感想と基本的には言いた…

いつのまにか百合ちゃんの話に!!!/海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ(9)』

逃げるは恥だが役に立つ(9) (Kissコミックス) 作者: 海野つなみ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ぼくが『逃げ恥』の1巻~8巻を読んでこのマンガの虜になったのが、2016年の10月終わりご…

木村資生と愛国教育(?)

生物進化を考える (岩波新書) 作者: 木村資生 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1988/04/20 メディア: 新書 購入: 18人 クリック: 133回 この商品を含むブログ (45件) を見る 「進化論の通俗的理解」みたいなものに対する興味から、本屋で高校生物の参考書…

面白かった本(2017/2)

2月に読んで面白かった本のまとめ。 ※1月はマンガばかり読んでて本を全然読んでなかったので、先月分はなしです。

佳作揃いの短編集だが、「Tシャツ」には及ばず/木下古栗『生成不純文学』

生成不純文学 作者: 木下古栗 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/02/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 去年発売された短編集『グローバライズ』が、テレビ番組「アメトーーク!」の読書芸人回で光浦靖子によって取り上げ…

日常系ミステリーの完成形/石黒正数『それでも町は廻っている(1~16)』

それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス) 作者: 石黒正数 出版社/メーカー: 少年画報社 発売日: 2013/11/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る これはすごい。話ひとつひとつはそこまで大したこともないんだけど、積み重…

あくまでも「ふわふわSFミステリー」/石黒正数『外天楼』

外天楼 (講談社コミックス) 作者: 石黒正数 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/09/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 悪くないと思う。石黒正数を読むのは初めてだけど、ちょっと間抜けな感じの日常系とちょっと間抜けな感じのSFとちょ…

自然主義文学とSFが交差するとき物語は始まらない/前田司郎『恋愛の解体と北区の滅亡』

恋愛の解体と北区の滅亡 作者: 前田司郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2006/06/30 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 79回 この商品を含むブログ (42件) を見る これは本当にすごい!!! なんで今まで前田司郎読んでなかったんだ。 SF的なモチーフ…

いとうくんはうそをつかなくなりました/村瀬修功「虐殺器官」

いとうくんは、とてもおもしろいはなしをしました。いとうくんがはなしはじめると、いとうくんのまわりにはおおくのひとがあつまりました。いとうくんはとてもにんきものでした。 でも、いとうくんはうそつきでした。いとうくんは、むしをいじめてころすのが…

ツイッター

ツイッターを登録しました。右のプロフィールからもフォローできます。 twitter.com 今のところ更新のお知らせ以外のツイートはしないつもり(今後変わる可能性はある)。購読機能のつもりで、気軽にフォローしてください。

あまりに完成度の高い物語を読むと人々の感想はコピペになってしまうということ/阿部共実『ちーちゃんはちょっと足りない』

ちーちゃんはちょっと足りない (少年チャンピオン・コミックスエクストラもっと!) 作者: 阿部共実 出版社/メーカー: 秋田書店 発売日: 2014/05/08 メディア: コミック この商品を含むブログ (39件) を見る 結構面白かった。そしてそれ以上に、完成度が異様に…

ハッピーエンドばかりが幸せじゃない/水城せとな『失恋ショコラティエ(1~9)』

失恋ショコラティエ(1) (フラワーコミックスα) 作者: 水城せとな 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/03/05 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 久々に少女マンガ読んでどストライクだった!!! 大満足です。 登場人物が全体的に非常に気…

図書館と電撃文庫

独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑) (電撃文庫) 作者: 野崎まど,森井しづき 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 発売日: 2015/02/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (14件) を見る 要約 図書館の本は基本的に透明なブックカバ…

肩透かし/野崎まど『ファンタジスタドール イヴ』

ファンタジスタドール イヴ (ハヤカワ文庫JA) 作者: 野崎まど 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2013/09/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (15件) を見る 野崎まどだからと期待してみたはいいものの、盛大に肩透かしを食らったと言わざるを得ない。…

面白かった本(2016/12)

12月読んで面白かった本のまとめ。