読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンの次回作には新しいアローラ地方が登場する

雑文 ゲーム

 

 

 「ポケットモンスター サン・ムーン」のストーリーでは、土着的な文化の生む問題点と、その改善としてのポケモンリーグ設立が描かれている。そしてその結末を描くために、ポケモンの次回作には、「新しくなったアローラ地方」が登場すると思われる。

サン・ムーンが発売されてからまだ2週間も経っていないのにもう次回作の話とか気が早すぎるような気もしなくもないですが、まあストーリーの解説もどきも含んでるので許してください。

サン・ムーンの核心にかかわるような話もいっぱい含んでいるのでネタバレ注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イニシエーションとしての「島めぐり」とスカル団

サン・ムーンの特徴のひとつは、初代からずっと続いていたポケモンジムという制度を廃止したことである。そしてそのかわりとして導入されたであろうシステムが、「島めぐり」というもの。

では、ゲーム的な事情はおいておいて、島めぐりはアローラ地方においてどのような役割を果たしているのだろうか? 公式サイトには、「『島めぐり』は、子どもたちが一人前のポケモントレーナーへ成長するための行事」とある。アフリカのある部族ではバンジージャンプをすることで子供は大人と認められる、みたいな、いわゆるイニシエーションだという設定だろう。

だが……同サイトの後ろの方には、結構恐ろしいことが書かれている。曰く、「『試練』の内容は、ポケモンとバトルするだけではなく、道具探しや知恵比べなどさまざま」だとさ。アローラ地方においては、ポケモンバトルの能力のみならず、探索能力や知恵もないと一人前のトレーナー(=大人?)として認められないと思われる。普通イニシエーションは、バンジージャンプやら抜歯やら、勇気くらいしか必要なものはないのだが、アローラ地方のイニシエーションはこれらと比べるとかなり能力主義的である。

その能力主義的なイニシエーションの被害者の例がスカル団であることはいうまでもない。特に団長のグズマは、キャプテンになろうとするものの挫折してキャプテンになれなかったとかなんとか。こういう挫折して闇落ちするキャラクターはポケモン本編においては珍しい。歴代シリーズに登場する不良は、現実世界の不良とあまり変わらないだろうし、BWのチェレンは闇落ち寸前で助かったし。そしてそういう田舎のヤンキーが田舎のヤンキーとして迷惑をかけるだけだったらまだいいんだけど、スカル団は結局エーテル財団にいいように利用される。

 

ポケモンリーグという制度

じゃあどうすればいいの? ぼくは、ククイ博士によるポケモンリーグの設立がこの問題を解決すると考えている。

サン・ムーン本編ではとりあえずポケモンリーグを作ってみましたというところまでしか描かれていないが、ポケモンリーグという制度は他の地方と同じ、ある種のテンプレのようなものだと思われる。そしてポケモンリーグを設立するのであれば、必然的にジム・ジムリーダー・ジムバッチも必要なはず。アローラ地方にジムができたとき、「島めぐり」というイニシエーションは存続されるだろうか……? おそらく存続されないだろう。そしてそのようなイニシエーションが廃止されたとき、スカル団のような被害者はいなくなるのである(ただし、伝統文化を廃止するという点で新たな問題が発生することに一応注意。もしかすると、伝統文化の保護団体が次回作の敵団体だったり……?)。

ちなみに、もともとアローラ地方にいたしまキング・しまクイーンとキャプテンは計11人だったが、ククイ博士はポケモンリーグ設立にあたって、それまで外にいたカヒリを呼び寄せて四天王に就任させている。これは、四天王4人+ジムリーダー8人=12人の枠を埋めるために呼び寄せたのだとも考えられる(もっとも、クチナシあたりはあまりやる気もなさそうだし、ハラとかがジムリーダーになるというパターンもありうる。まあ流石にそこまではどうなるかなんてわからない)。

 

サン・ムーンは初代を意識している

ということで、アローラ地方には今後ジムが設立され、島めぐりというイニシエーションはなくなる(あるいは形だけ文化として保護されるとか)ということはほぼ確定でいいと思う。ついでに、それをちゃんと描くために次回作以降にアローラ地方を出すのもまあ間違いないでしょう。

じゃあ、それはどのような形で行われるか? 言い換えると、金銀パターンか、BW2パターンのどちら? これについてはどちらかわからないが(というかわかるわけないだろ!)、ぼくはどちらかというと前者の可能性が高いように思う。というのも、サン・ムーンは相当初代ポケモンをほのめかす要素が多いからだ。

アローラのすがたがあるポケモンが初代のポケモンばかりだったり、レッドとグリーンが登場したり、オーキドの従兄弟が登場したり、博士ポジションのキャラクターと戦えたり(これは初代にはありませんが、でもまあククイ博士はオーキドせんせいを意識してるとみても問題ないでしょう)、というかバーチャルコンソール初代とかポケモンGOなんてのもありましたっけ。そのおかげでポケモンを初期の頃やっていた人が再びポケモンに戻ってきたというパターンは結構多いはず。

であるのならば、続編はもう金銀のように、別の地方でポケモンリーグを制覇した後にアローラ地方に来るというパターンで決まりでしょう! そうすれば、サン・ムーンの主人公が初代チャンピオンの座に君臨し続けているみたいな胸熱展開もできる(なお、ネットで似たようなことを言っている人がいないか探したところ、XYのマイナーチェンジにアローラ地方のその後をくっつけるのではという意見があった。それは結構ありそう)。

 

結論

ということで、まあ次回作にはアローラ地方のその後が描かれるでしょう。アローラ地方を登場させないとアローラのすがたポケモンを別地方で登場させるのが難しい、みたいなメタ的な理由もいろいろありそうだけど、うまくまとまらないので割愛。

 

 

12/4追記

初代オマージュについては、攻略情報まとめwikiなどに詳しくまとまっている。