木下古栗全作品リスト

木下古栗の全作品をリスト化しました。
漏れ・抜け・間違いなど、見つけた方はコメントいただけると助かります。


単著
  • 『ポジティヴシンキングの末裔』(早川書房、2009年11月)
    • 「犯罪捜査」(書き下ろし)
    • 「選挙運動廃絶運動」(書き下ろし)
    • 「ある未明、有閑マダムたちの」(書き下ろし)
    • 「夕方になって当座の必要から」(書き下ろし)
    • 「病んだマーライオン」(書き下ろし)
    • 「ミドルエイジ・クライシス」(書き下ろし)
    • 「糧」(書き下ろし)
    • 「近所には」(『群像』2007年2月号/「喫茶店」を改題)
    • 「爽やかなマグロ漁」(『S-Fマガジン早川書房、2009年5月臨時増刊号)
    • 「場末のテレビっ子」(書き下ろし)
    • 「そのとき突然、画面が」(書き下ろし)
    • 「デーモン日暮」(書き下ろし→高原英理編『リテラリーゴシック・イン・ジャパン 文学的ゴシック作品選』ちくま文庫、2014年1月)
    • 「この冬…ひとりじゃない」(『群像』2008年4月号)
    • 「虎と戦いたい」(『S-Fマガジン早川書房、2009年5月臨時増刊号)
    • 「突然、自分が動物が」(書き下ろし)
    • 「清潔感のある猥談」(書き下ろし)
    • 「決死の夜這い」(書き下ろし)
    • 「大人のけんか術」(書き下ろし)
    • 「拳でしかわかり合えないのか」(書き下ろし)
    • 「真夜中にアパートに帰り着くと」(『S-Fマガジン早川書房、2009年5月臨時増刊号/「寝心地」を改題)
    • 「私の中の壊れている部分」(書き下ろし)
    • 「ラビアコントロール」(書き下ろし→大森望日下三蔵編『量子回廊 年間日本SF傑作選』創元SF文庫、2010年7月)
    • 「自分-抱いてやりたい-」(書き下ろし)
    • 「ある日、駅に向かっていると」(書き下ろし)
    • 「どこから入ってきたのか」(書き下ろし)
    • 「うららかな日和の昼下がり」(書き下ろし)
    • 「インテリジェンス廃人論」(書き下ろし)
    • 「興奮塾」(書き下ろし)
    • 蛇頭」(書き下ろし)
  • 『いい女vsいい女』(講談社、2011年8月)
    • 「本屋大将」(『群像』2011年4月号→日本文藝家協会編『文学 2012』講談社、2012年4月)
    • 「教師BIN☆BIN★竿物語」(『群像』2008年9月号)
    • 「いい女vs.いい女」 (『群像』2010年12月号)
  • 『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』(講談社、2014年3月)
    • 「IT業界 心の闇」(『新潮』2012年9月号)
    • 「Tシャツ」(『群像』2011年11月号)
    • 「金を払うから素手で殴らせてくれないか?」(『群像』2012年4月号)
  • 『グローバライズ』(河出書房新社、2016年3月→河出文庫、2019年3月/『GLOBARISE』を改題)
    • 「天然温泉 やすらぎの里」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「理系の女」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「フランス人」(『文藝』2015年冬季号)
    • 反戦の日」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「苦情」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「夜明け」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「専門性」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「若い力」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「道」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「観光」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「絆」(『文藝』2015年冬季号)
    • 「globarise」(『文藝』2015年冬季号→日本文藝家協会編『文学 2016』講談社、2016年4月)
  • 『生成不純文学』(集英社、2017年2月)
    • 「虹色ノート」(『すばる』2011年11月号)
    • 人間性の宝石 茂林健二郎」(『すばる』2013年3月号)
    • 「泡沫の遺伝子」(書き下ろし*1
    • 「生成不純文学」(『すばる』2014年6月号)
  • 『人間界の諸相』(集英社、2019年1月)
  • 『サピエンス前戯』(河出書房新社、2020年8月)*2
    • 「サピエンス前戯」(『文藝』2018年春季号)
    • 「オナニーサンダーバード藤沢」(『文藝』2018年秋季号)
    • 「酷暑不刊行会」(『文藝』2019年夏季号)
単著未収録小説(アンソロジー収録のみ)
単著未収録小説(雑誌掲載のみ)
  • 「無限のしもべ」(『群像』2006年6月号)
  • 「受粉」(『群像』2007年5月号)
  • 「淫震度8」(『群像』2009年4月号)
  • 「盗撮星人」(『早稲田文学』3号、早稲田文学会、2010年1月)
  • 「夢枕に獏が……」(『群像』2010年2月号)
  • 「人は皆一人で生まれ一人で死んでいく」(『群像』2012年7月号)
  • 「新しい極刑」(『すばる』2013年10月号)
  • 「人間の本性を考える」(『小説すばる』2014年10月号)
  • 股間の大転換」(『文學界』2014年11月号)
  • 「人には住めぬ地球になるまで」(『たべるのがおそい』vol.4、書肆侃侃房、2017年10月)
  • 「平衡世界」(『文藝』2018年夏季号)
  • 「メルカリ」(『文藝』2018年冬季号)
  • 「乳を澄ませば」(『すばる』2019年12月号)
  • 「ベスト」(『UOMO』集英社、2020年8月号)
評論・エッセイ・レビューなど
  • 「REVIEW FILMS」
    • 「五億六千万」(『群像』2007年8月)
    • 「老人とロシア人」(『群像』2007年9月)
    • 「猥褻だけが人生じゃない」(『群像』2007年10月)
    • クオリア獣姦」(『群像』2008年12月)
  • スターバックスにおいて射精直後と思しき自慰行為者を目撃した際の対応について」(『生活考察』Vol.04、タバブックス、2013年4月)
  • 「爆乳は一見にしかず」(『生活考察』Vol.05、タバブックス、2014年2月)
  • 「Oh! マイアイドル」(『小説すばる』2016年1月号)
  • 「『グローバライズ』刊行記念 創作論 表現と書く技法」(『文藝』2016年夏季号)*4
  • 「読書日録」(『すばる』2017年4〜6月号)
  • 「迸る書記」(河出書房新社編集部編『池澤夏樹、文学全集を編む』河出書房新社、2017年9月)
  • 「木下古栗のカルチャー×食」(『UOMO』集英社、2018年2月号~)
変更履歴

2020/10/19 新規作成
2020/10/21 「評論・エッセイ・レビューなど」の漏れを追加

*1:単行本では「未発表作品」表記。

*2:各短編は、それぞれ初回だけが新連載として『文藝』に掲載され、続きは書き下ろし。

*3:文庫版『変愛小説集』(講談社文庫、2018年)には未収録。

*4:「表現と書く技法 『グローバライズ』創作をめぐって」というタイトルで電子書籍化されていたが、2020年2月17日に販売終了となっている