書評

再公営化の流れが来ているのは喜ばしい/岸本聡子『水道、再び公営化!』

水道、再び公営化! 欧州・水の闘いから日本が学ぶこと (集英社新書)作者:岸本聡子集英社Amazonフランスやイギリスなど今まで民営化が進んでいた水道が、近年再公営化されるというトレンドがあり、それについて追った本。もちろん背景にあるのは反緊縮政策で…

どちらかというとフェミニズムよりも黒人文学の色が強い/オクテイヴィア・E・バトラー『血を分けた子ども』

血を分けた子ども作者:オクテイヴィア・E・バトラー河出書房新社Amazon当たり外れが激しい印象。退屈だったり異様に読みにくい短編もちょこちょこある一方で、「血を分けた子ども」「夕方と、朝と、夜と」「恩赦」あたりの最低限の説明でクールに決める感じ…

類書と比べてもいい本だが、ややスベり?/戸田山和久『最新版 論文の教室』

最新版 論文の教室 レポートから卒論まで NHKブックス作者:戸田山 和久NHK出版Amazonちょっと引用などについてのルールがしっかり書いてある本を持っておきたかったので、せっかくなので戸田山和久が書いた本書を購入した。全体的には、レベルの低い層に…

2品目のおかずを楽に作りたいあなたに/勝間和代『勝間式超ロジカル料理』

ラクして おいしく、太らない! 勝間式 超ロジカル料理作者:勝間 和代アチーブメント出版Amazonやはり、勝間和代はほとんどすべての料理が完全代替材になっているタイプの人間なので、全部を真に受けるわけにはいかない。それでも、2品目のおかずを作る上で参…

山形浩生の経済エッセイの集大成/山形浩生『経済のトリセツ』

経済のトリセツ作者:山形浩生亜紀書房Amazon山形浩生の経済絡みのエッセイを集めたもの。気楽に読める上に示唆に富むものも多く、とてもいいエッセイ集。ある意味集大成的でもある。本書に収録されているエッセイの多くは山形のウェブサイトでも読めるのが欠…

フード左翼の分析と批判が的確/速水健朗『フード左翼とフード右翼』

フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書)作者:速水健朗朝日新聞出版Amazon食を巡る価値観の対立を「フード左翼」「フード右翼」という直感的にわかりやすい造語で説明するのはすばらしいし、フード左翼の分析と批判も的確。その一方で、フー…

これぐらいの穏当な無神論であればガンガン推し進めちゃったほうが世界のためなのでは/リチャード・ドーキンス『神のいない世界の歩き方』

神のいない世界の歩き方 「科学的思考」入門 (ハヤカワ文庫NF)作者:リチャード ドーキンス早川書房Amazonまあいろいろと宗教絡みで問題が発生しているので手始めにドーキンスを。無神論と、それをサポートするための科学(主に進化論)の入門書。これぐらい…

パラパラ流し読みしてもまあまあ面白い/東畑開人『心はどこに消えた?』

心はどこへ消えた? (文春e-book)作者:東畑 開人文藝春秋Amazonちょっと長めの序文は本当にすばらしく、ここ20年ぐらいの平成不況が原因で心の問題よりも社会の問題のほうがずっと大きくなってきてしまったという話はとても説得力ある。でも、その後に続く本…

斎藤らしい着目点/斎藤美奈子『文庫解説ワンダーランド』

文庫解説ワンダーランド (岩波新書)作者:斎藤 美奈子岩波書店Amazon文庫解説に着目した滅多斬り系の本。読む前は「文庫解説ごときに注目してもどうにもならんでしょ」と思っていたが読んでみたらこれが面白い。特に著作権が切れているような古典的小説の解説…

女性であることが活かされているか?/奥浩哉、イイヅカケイタ『GANTZ:G』

GANTZ:G 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)作者:奥浩哉,イイヅカケイタ集英社Amazonうーん登場キャラクターの多くが女性であることが活かされているわけではないかな。大半が先輩兄ちゃんの言いなりだったし。『GANTZ』本編でも、数は少ないとはいえ女性…

こんなばかSFにまじになっちゃってどうするの/三島由紀夫『美しい星』

美しい星 (新潮文庫)作者:由紀夫, 三島新潮社Amazonおもしろーい。信頼できない語り手というか、信頼できない作者というか。自分は宇宙人だと断言する胡散臭い家族がまあまあでかい騒動を起こすドタバタコメディ寄りの話として読むのが素直だと思う。暁子を…

加藤シゲアキにしか書けないゲデモノ小説/加藤シゲアキ『チュベローズで待ってる』

チュベローズで待ってる AGE22(新潮文庫)作者:加藤シゲアキ新潮社Amazonチュベローズで待ってる AGE32(新潮文庫)作者:加藤シゲアキ新潮社Amazonすっげー。上巻「AGE22」はよくある就活青春小説って感じであまり面白くないんだが、下巻「AGE32」に入って…

料理の理屈を理解する/五藤隆介『チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人の理系の料理』

チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人の理系の料理作者:五藤 隆介秀和システムAmazonサンプルだけ読んで、料理初心者のためにやたらとバカ丁寧に具体的なレシピが書いてあるだけの本かと勘違いしていたんですが、あらためて読んでみたら思ったよりもよい本…

ミステリーは平和のためにある/米澤穂信『黒牢城』

黒牢城 (角川書店単行本)作者:米澤 穂信KADOKAWAAmazon管理職おじさんの荒木村重が、牢屋に閉じ込めた安楽椅子探偵の黒田官兵衛に謎を推理してもらって城中の平穏を守る話。まず単純に、本格ミステリのお約束を戦国時代という時代に落とし込むのがうまい。首…

ホラーを自然化する/戸田山和久『恐怖の哲学』

恐怖の哲学 ホラーで人間を読む NHK出版新書作者:戸田山 和久NHK出版Amazonホラーというジャンルをベースに、感情の哲学から出発してホラー論を経由し、最終的に意識の哲学へと執着するたいへん欲張りな本。戸田山らしく、全体を通して自然主義・唯物論が…

独創的な発明はちょっとしたテクニックの組み合わせでできている/藤原麻里菜『無駄なマシーンを発明しよう!』

無駄なマシーンを発明しよう! ~独創性を育むはじめてのエンジニアリング~作者:藤原 麻里菜技術評論社Amazonよく変な工作をやっている藤原麻里菜による、簡単な電子工作のガイドブック。マイコンなどの多少専門的な道具の使い方や、藤原お得意の独創的なア…

本を読むという行為の多様さについて/ナカムラクニオ『本の世界をめぐる冒険』

本の世界をめぐる冒険 NHK出版 学びのきほん作者:ナカムラ クニオNHK出版AmazonまあNHK出版から出ているゆるそうなシリーズの一冊ということでナメていたんだが、意外や意外、とても良い本だった。基本的には本や読書の歴史を俯瞰する本だが、そこには著者の…

早送りで観た映画について堂々と語る方法/稲田豊史『映画を早送りで観る人たち』

映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~ (光文社新書)作者:稲田 豊史光文社Amazon全体的には良かった。一部俗流若者論を素朴に引用しちゃってる向きもあり、それはどうなんだと思う部分もあったものの、結論としては倍…

初心者向け舞城にピッタリだが、物理的なハードルが……/舞城王太郎『深夜百太郎』

深夜百太郎 入口作者:舞城 王太郎,MASAFUMI SANAIナナロク社Amazon深夜百太郎 出口作者:舞城 王太郎,MASAFUMI SANAIナナロク社Amazon舞城王太郎ファンとしてぼくが前々から困っていたのは、舞城の短編集で何を勧めるべきかだ。世間的には『スクールアタック…

イヤ純文学の原石/今村夏子『こちらあみ子』

こちらあみ子 (ちくま文庫)作者:今村夏子筑摩書房Amazon今村夏子の小説は何冊か読んでいるので、あらすじを読んで「へえ~今村夏子にも元気でまっとうな小説を書いている時期があったんだ」と思ったんですが、いやいや全然そんな話じゃないじゃないですか。…

江戸時代200年に渡る壮大な歴史改変ジェンダーSF/よしながふみ『大奥(1-19)』

大奥 1 (ジェッツコミックス)作者:よしながふみ白泉社Amazonまずなによりも、フェミニズムマンガとして立派。そして江戸時代200年にわたる壮大な歴史改変SFで、とにかくスケールが半端なく、その点において他の歴史改変SFの追随を許さない。また、日本史好き…

劉慈欣はSFっぽい世界を書くのが苦手?/劉慈欣『円』

円 劉慈欣短篇集作者:劉 慈欣早川書房Amazonたとえば「地火」。緊迫感のある現実の炭鉱をなまなましく描いており、炭鉱労働者と研究者の対比も良い。ところが、最後の最後で未来の話になった途端に一気にしょぼくなってしまう。あるいは「郷村教師」。主人公…

若手からベテランまでイキの良いSF作家をそろえたアンソロジー/樋口恭介編『異常論文』

異常論文 (ハヤカワ文庫JA)早川書房Amazon「異常論文」として小説を書くことの必然性、みたいなものはそこまで感じられず。樋口恭介のまえがきという名のアジテーションも大言壮語感が否めない。まあ論文調のSFというのはニッチなファンも多く、そういう意味…

なんでミステリー作家がわたモテアンソロジーを!?/谷川ニコほか『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 小説アンソロジー』

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 小説アンソロジー (星海社 e-FICTIONS)作者:辻真先,青崎有吾,相沢沙呼,円居挽講談社Amazonいや普通さ、『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の小説アンソロジーがあるって聞いたら、参加者のメンツっ…

なかなか読めない長期投資小説/羽田圭介『Phantom』

Phantom (文春e-book)作者:羽田 圭介文藝春秋Amazonおもしろいっすよ。長期株式投資という俗っぽすぎる題材を、うまく文学に組み込んでいる。羽田圭介は山崎元の影響でけっこう投資に詳しいようで、ディテールもまあまあしっかりしている。長期投資家といい…

差別的表現をメタフィクションで正当化するのはアリか?/川本直『ジュリアン・バトラーの真実の生涯』

ジュリアン・バトラーの真実の生涯作者:川本直河出書房新社Amazon巷でよく言われている、ブッキッシュな小説としてはちょっと微妙。ちょっと前にたまたま『本にだって雄と雌があります』を読んじゃったので嫌でも比較せざるを得ないんだけど、実在の小説家な…

選民思想は大阪風ユーモアで誤魔化せる/小田雅久仁『本にだって雄と雌があります』

本にだって雄と雌があります(新潮文庫)作者:小田 雅久仁新潮社Amazon大量の蔵書を置いておくと、2冊の本から新しい本が生まれるというファンタジー。題材上どうしてもペダンティックさや読書家的な選民思想色があらわれてしまうというのは避けられず、豊崎…

本格的で独創的な生物学SFを書き続けた石黒達昌の傑作選/石黒達昌『日本SFの臨界点 石黒達昌 冬至草/雪女』

日本SFの臨界点 石黒達昌 冬至草/雪女 (ハヤカワ文庫JA)作者:石黒 達昌早川書房Amazon伴名練が編集した、石黒達昌の傑作選。本人がファンブログを運営するほどのファンでもあるためか、セレクトには概ね納得がいく。強いていえば個人的には、蜂につきまと…

古栗の意外なアクティブさが垣間見える/木下古栗「木下古栗のカルチャー×食」

UOMO(ウオモ) 2018年 01 月号 [雑誌]集英社Amazon木下古栗が『UOMO』という男性向けファッション雑誌に連載していたエッセイ。「カルチャー」といわれるとぼくみたいな文化系はすぐ小説とかマンガとか映画とかを思い浮かべるけど、古栗がこの連載で扱う「カ…

『なめ敵』以降の伴名練を代表する大傑作/伴名練「百年文通 one hundred years distance」

コミック百合姫 2021年1月号[雑誌]作者:伴名 練,けーしん,雨水 汐,椋木 ななつ,竹嶋 えく,サブロウタ,はづき,樫風,なもり,ゆあま,阿東 里枝,未幡,田口 囁一,伊月 クロ,大沢 やよい,煮汁,志水 はつみ,SukeraSparo,黄井 ぴかち,しーめ,桜野 いつき,和泉 キリフ…